学生生活と言えば、人生の素養を広げる時期。仲間と何かを成し遂げることや、普段目にしないものを見ておく時期かと思います。

学生が海外旅行に行くようになったのが普通になったのが80年代だと言われています。当時は「贅沢だ」とか「変わり者だ」といった風潮もあったのですが、それなりに学生に普及していきました。

これを支えたのがクレジットカードだったのです。なにせクレジットカードならば、海外で何らかのトラブルが発生したとしても、十分対応してくれます。まるで大使館のようです。では、学生クレジットカードが、なぜ海外旅行に重宝がられるか、簡単に見ていきましょう。

【「安心」を買える】

国内と違い、勝手の違う海外では、考えてもいないトラブルに遭遇する確率が高まります。盗難に始まり、事故や病気という危険性が付きまとってしまいます。

そんな時にクレジットカードは非常に役立ちます。こういったトラブルに備えた補償がしっかり備わっているからです。また、「大使館」なみのヘルプデスクが現地に駐在しているのも心強いでしょう。

ですから、こと海外旅行に関して言えば、クレジットカードは「損害保険」のように扱うことができるのです。これは学生が旅行する場合、必要不可欠な存在だと言えるでしょう。

【例えば、Lifeカードの場合】

Lifeカードの場合を例示しますと、仮の話、死亡の場合で最大2,000万円、けがの治療費で最大200万円の保証が受けられます。

こういった海外旅行におけるクレジットカードの保証は、ケガ等にとどまらず、ショッピング補償などを行っている企業も存在し、充実した内容となっています。現時点で海外旅行に行かれる予定がない方でも、カードを作る際はこの点を留意したほうがよさそうです。