学生といえども出費がバカにならない。学生がクレジットカードを使いこなすことは「常識」なのかもしれません。剣豪・宮本武蔵が著した『五輪の書』。これに基づいて学生クレジットカードの使い方や「お金」に関する考え方、そして数々の疑問点についてまとめたのが本サイトです。

学生時代の数年間はいわば社会人になるための「離陸段階」。この時期にお金のことについても学んでみてはいかがでしょう?

学生用クレジットカード

学生生活ではクレジットカードを活用すべし

学生が「お金を借りる」というのは、今も昔もそう変わっていない。昔は「学生ローン」、今は「学生クレジットカード」といったところである。しかし、単にお金を借りるだけの「学生ローン」と「学生クレジット」は生活面や信用面で学生クレジットに「一日の長」があるだろう。

学生クレジットカードをつくる前に

・「学生」はれっきとした職業
親権者に支払い能力があれば、学生はれっきとした「職業」であり、クレジットカード審査もクリアしやすい存在である。

・クレジットカードはあくまで「支払い代行」
クレジットカードは便利さから「錯覚」を起こしかねない。あくまで、「支払い代行」の意識を持つことが重要である。

他の項目で、学生がクレジットカードを作成するにあたっては親権者の同意が必要だと述べてきました。

家族カードを利用するメリット・デメリット

・家族カードの仕組み
名義人本人のカードを「本カード」、名義人の家族等が名義人の利用限度枠内で使えるカードを「子カード」と呼ぶ。

・家族カードのメリット・デメリット
家族間で利用額が定められるという特性上、子どもの利用状況などを管理することができるメリットがある一方、子ども自身の名義カードを作らないということは、学生のうちに信用が構築できない、すなわち「スタートが遅れる」状況を招く。

成人している学生でもクレジットカードをつくるのに親の同意は必要なのか?

答えとしては、クレジット会社によって異なる、といったところ。親権者の同意が必要なところもあれば、そうでないところもある。だが、そういったところにとらわれるのではなく、収入が多くあったとしても学生は学生。親権者の同意を得られるに越したことはない。

学生クレジットカードの選択基準

学生クレジットカードと一口に言っても、さまざまな信販会社が、これまたさまざまなクレジットカードを発行しています。あなたの学校の生協の入口あたりにクレジットカード勧誘のブースが置かれていることなど、日常茶飯事なことではありませんか?

正直、どのクレジットカードがよいのか、迷うのではないでしょうか?ここでは、学生クレジットカードの選択基準について、まとめていきたいと思います。

キャッシングでネットショッピング

クレジットカード業界にはさまざまな業種が参入している

クレジット会社といっても、クレジットカード専業ともいうべき企業が発行しているカードはそれほどありません。異業種企業と連携したカードが多く発行されている。これが古くからの傾向です。

例えば、大手銀行系や消費者金融系、また大手流通系、最近ではネット企業系なども進出しています。各社それぞれ工夫を凝らした学生クレジットカードを発行しており、選ぶのに目移りしそうです。

学生ならば銀行系がよい

特にお勧めしたい、というわけでも宣伝目的でもありません。ただ、銀行系カードというのは、人生の「その後」に大きく繋がっていく可能性があります。というのも、銀行系カードは信用度が高い。年収などで銀行系カードを作れないことも大いにあり得ます。

つまり、学生のうちに銀行系カードに入会しておけば、そういった苦労を回避することができるのです。そして、その後あなたが企業に就職し、年収がある程度確保されるようになっていけば、さらにグレードアップしたクレジットカードを持つことや、その銀行ならではの金融商品を購入することもできるでしょう。

すなわち、銀行系カードを作ることは「大人への入り口」であり、一代でそれなりの財を築き上げるためには、必要なことであると言えます。

カード破産と利用限度額

クレジットカードの利用を勧めていくうえで、必ず触れておかなくてはならないこと、それが「カード破産」です。

「クレジットカードを活用する」と示しておきながら、一見逆行しているのではないか?と言われてしまいそうですが、決してそういったことはありません。

キャッシングで破産

カード破産の原因

カード破産の原因と言っても、人それぞれでしょうが、やはり利用限度額の魔力といったものがその根底にあるでしょう。

利用限度額を知っておくことはとても重要ですが、「利用限度額までならば使って大丈夫」といった心理を与えることにもつながります。つまり、大して使う用がなくとも「限度額くらいまでなら」と余計に利用してしまうというのが、人間のある種の「性」でしょう。

これがつもりにつもっていけば、カード破産の状態に陥ることになるでしょう。利用限度額はあくまで限度額。自分の心の中で別に限度額をつくることが必要です。

↓どうしても今すぐお金が必要な方はこちら↓
モビット即日キャッシング!【今すぐ借りるための初心者ガイド】

カード限度額を考える

こういった事態にならないためにも、何らかの対策は講じておかねばなりません。

一番、効果的な方法は、カード利用額をあらかじめ低めに設定しておくことでしょう。自分の収支状況、財力に見合った額を設定しておけばよいのです。

社会人になった際やアルバイト等が軌道に乗ったなど、収入が増えたならば、利用限度額を引き上げれば済む話です。

キャッシング限度額をどうすべきか?

基本的に学生がクレジットカードを作る理由は、買い物の支払い代行、といったことだと思います。あまり「キャッシングができるから」といった理由でクレジットカードを作成する方はあまりいないでしょう。

基本的に、会社経営でもしていない限り「お金を借りる」というのは避けたいところです。「必ず取り組んでほしい」というわけではないのですが、カード破産を防ぐには、まずはキャッシング限度額は低めもしくは0にしておくことが重要でしょう。